記念品のアフターサービスについて

ご卒園・ご卒業おめでとうございます。
新型コロナウイルス感染症の影響でお子様たちが楽しみにしていた学校生活が通常通り行えず、
傘を差して楽しそうに登校する姿が少ないことに私どももさみしい気持ちがいたします。
一人一人の健康を第一にお過ごしください。
できるだけ近いうちに、たくさんの傘の花が咲くよう心より願っております。
 
さて、ご在宅時間が多くなっておりますが、学校再開を待ちながら
保護者の方と一緒に正しい傘の使い方を練習してみるのはいかがでしょう。
 
ついつい楽しくてこんなことをしていませんか?
・傘の先を引きずって歩く
・傘を杖にしたり、地面にトントンと突いたりする
・側溝や穴に傘を差し込む
・傘をくるくる回しながら歩く
・傘で遊ぶ
・傘を振り回す
・閉じた傘を手に持って手を振りながら歩く
・傘をわざと「おちょこ」のように反り返す
・壊れている傘をそのまま使う
                            などなど…
 
※イメージ図    
 
お友達と楽しそうにしている子を見かけますし、もしかしたら保護者様の中には「私もやったことがあるな…」という方もいらっしゃるはず。
ですが、これらは傘が傷んだり、壊れやすくなってしまいまうNG行為です!
 
傘の先が壊れて雨が漏れて錆びてしまったり
芯棒が曲がったり抜けてしまったり
生地に穴が開いてしまったり…
 
最悪の場合、ご使用になるご本人や周りを歩く方へ怪我をさせてしまう可能性もございます。
 
ぜひ注意して正しくご使用いただき、より楽しい雨の日LIFEをお過ごしいただきたいと思います。
 
 

詳しくはこちらのPDFをご確認くださいませ。
傘の修理やご交換をご希望のお客様はお問い合わせ前に必ずご確認頂きますようお願いいたします。
文書にはお子様にお伝えいただきたい、傘のご使用方法とお手入れ方法を記載しております。
傘を手にされたら、お子様が傘をお使いになる前に是非一度、保護者様がお子様と一緒に
傘を開きながらお話し下さいますようお願い致します。